So-net無料ブログ作成

心霊散歩 鎌倉編 1:腹切りやぐら [心霊散歩]

少々季節外れですが、心霊散歩を始めます。
今回の舞台は、鎌倉。

■腹切りやぐら

・解説
1333年、新田義貞に攻め入られ、鎌倉幕府が滅亡しました。
幕府最後の執権である北条高時は、一族郎党とともに鎌倉の東勝寺近くのやぐら(ここでは岸壁に掘られた横穴を指す)で腹を斬って果てました。
落ち武者の霊が出る、付近を通ると気分が悪くなる、などの話があります。


DSCF5873.jpg
鎌倉駅の終電で下車。
東勝寺はそう遠くありません。
しかし、街灯の色が不気味。


DSCF5875.jpg
歴史ある街だけあって、そこかしこに碑やら祠が。


DSCF5878.jpg
急に静かになりました。
この先が東勝寺。


DSCF5881.jpg
もう近いようです。


DSCF5884.jpg
周囲は闇に覆われて…と言いたいとこですが、実際は民家が普通に立ち並ぶ。


DSCF5885.jpg
突き当りにあったのは、夜の山へ伸びる階段。


DSCF5887.jpg
面白半分での訪問を禁じる立て看板。


DSCF5898.jpg
先ほどの階段を登ってすぐの、分岐する横道。
この奥が腹切りやぐら。


DSCF5897.jpg
暗い藪を延々進むことを覚悟していたのですが、ちょっと歩いたら到着してしまいました。


DSCF5888.jpg
やぐらは大人が屈めば入れる程度。
構造的に、人力で掘ったものと思われます。


DSCF5896.jpg
やぐら内部へ。
お邪魔いたします。


DSCF5893.jpg
慰霊の石塔と、奥に立てかけられている無数の卒塔婆。


DSCF5890.jpg
この卒塔婆…


DSCF5891.jpg
健さん!?


DSCF5894.jpg
(実は予習していたのですが)高倉健さんは、北条高時の遠い末裔にあたるそうでして。
ご子孫の、しかも健さんが供養されていたのなら、皆様も安らかに眠っているのでは、と闇の中でほっこりしました。


・地図



・総評
最寄り駅 横須賀線鎌倉駅から徒歩20分
心霊現象 落ち武者の霊 / 気分が悪くなる
怖さ
Max★5
★★★
雰囲気や被写体は申し分ないのですが、いかんせん民家が近いので怖さが半減します。
危険度
Max★5
足元がやや悪いくらい。
オススメ度
Max★5
★★★★
鎌倉駅からそう距離もありませんし、健さんが奉納した卒塔婆だけでも一見の価値があります。
備考 健さん今頃、あちらで北条高時に労われているかもしれません。





関連記事:
心霊散歩 鎌倉編 1 ← Now
心霊散歩 鎌倉編 2
心霊散歩 鎌倉編 3
心霊散歩 鎌倉編 4
心霊散歩 鎌倉編 5
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0