So-net無料ブログ作成
検索選択
心霊散歩 ブログトップ
前の10件 | -

心霊散歩 横浜編 4:白滝不動尊 [心霊散歩]

横浜編、今回入れてあと二つ。

■白滝不動尊

・解説
打越橋から海へ向かう道の途中にある不動尊。
境内に滝があるため、白滝不動尊と呼ばれています。
滝の影から黒い何かが「ぬっ!」と出てきたという報告があります。


DSCF6296.jpg
4時を少し過ぎたところなのですが、すでにこの明るさ。
夏の心霊散歩は時間との戦いでもあります。

続きを読む


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

心霊散歩 横浜編 3:打越橋 [心霊散歩]

心霊散歩の続きー。

■打越橋

・解説
横浜市中区の切通に架かる橋。
下は道路が通っています。
飛び降りの名所として知られており、以下のような割りとエグめの報告があります。
・橋の下を車で通ると自殺者の霊が降ってきたりハンドルを取られる
・手足や目など、自殺者の体の一部の霊が周囲に浮かぶ
・橋の上を通ると気分が悪くなる
別名、飛び込み橋。


DSCF6254.jpg
まだ4時なのですが、既に空が白んできました。
ここの後にも2ヶ所ほど控えているので、急がなくては。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

心霊散歩 横浜編 2:藤塚トンネル [心霊散歩]

心霊散歩の続き。

■藤塚トンネル

・解説
藤塚ICからほど近い場所にある小さなトンネル。
現在も現役で使われています。
女の子の霊や電子機器の異常が起きるという噂があります。

DSCF6223.jpg
旭区役所からだと直線距離はそれほどありません。
が、少々わかりづらい位置にあるので少々回り道。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

心霊散歩 横浜編 1:旭区役所の首塚 [心霊散歩]

久々ですが心霊散歩を始めます。

■旭区役所の首塚

・解説
横浜市旭区の区役所に隣接した首塚。
鎌倉時代に謀反の疑いをかけられ攻め滅ぼされた畠山重忠という武将がおり、この首塚はその重忠が斬首された地として伝えられています。
一説には謀反は濡れ衣とも言われており、その無念からか首塚周辺では怪現象が起きるとの噂。


DSCF6202.jpg
駅前のポップな案内板に踊る「首塚」の二文字。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

心霊散歩 鎌倉編 5:名越切通 [心霊散歩]

心霊散歩鎌倉編、ラスト。

■名越切通


・解説
小坪トンネルの上を通る切通(きりとおし)。
鎌倉時代に開かれました。
ここも、武士の霊が出るとの目撃談があります。


DSCF5998.jpg
小坪トンネルの最も逗子寄りのトンネルを鎌倉側に抜け、左に曲がったところに階段がありました。
事前の調査によれば、ここを上った先の住宅街を抜けたところが、名越切通入り口。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

心霊散歩 鎌倉編 4:小坪トンネル [心霊散歩]

心霊散歩鎌倉編、その4です。

■小坪トンネル


・解説
久木踏切近くにあるトンネル群。
計6本のトンネルが通っており、それらを総称して小坪トンネルと呼びます。
ここは、心霊スポットとしては古くからかなり有名で、車で通行中、ボンネットに落ちてくる女の霊や、いつのまにか後部座席に座っている女の霊と言った、比較的古典的な証言が多いです。


DSCF5953.jpg
久木踏切を海側に抜けたほんの先。
早速見えてきました。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

心霊散歩 鎌倉編 3:久木踏切 [心霊散歩]

心霊散歩鎌倉編の3。

■久木踏切


・解説
鎌倉駅と逗子駅の中間にある踏切。
過去、この踏切で列車の前に白い女性が飛び出したため急停止、という事件が相次いで起きています。
…が、いずれの場合も列車に当たったはずの女性は見つからず、ぶつかった痕跡もないのだとか。


DSCF5920.jpg
釈迦堂切通から歩く事しばし。
アレの様です。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

心霊散歩 鎌倉編 2:釈迦堂切通 [心霊散歩]

心霊散歩鎌倉編、その2。

■釈迦堂切通

・解説
古来、山を切り開いて通路を作ったものを切通(きりとおし)と呼び、鎌倉には幾つものそれが通っています。
今回訪れる予定の釈迦堂切通もその一つ。
かつて稲川淳二の本に、ここで撮影された心霊写真が載ったことのこと。


DSCF5899.jpg
では、釈迦堂切通へ向かいましょう。
腹切りやぐらからはそう遠くありません。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

心霊散歩 鎌倉編 1:腹切りやぐら [心霊散歩]

少々季節外れですが、心霊散歩を始めます。
今回の舞台は、鎌倉。

■腹切りやぐら

・解説
1333年、新田義貞に攻め入られ、鎌倉幕府が滅亡しました。
幕府最後の執権である北条高時は、一族郎党とともに鎌倉の東勝寺近くのやぐら(ここでは岸壁に掘られた横穴を指す)で腹を斬って果てました。
落ち武者の霊が出る、付近を通ると気分が悪くなる、などの話があります。


DSCF5873.jpg
鎌倉駅の終電で下車。
東勝寺はそう遠くありません。
しかし、街灯の色が不気味。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

心霊散歩 幕張編 6:船橋県民の森 [心霊散歩]

心霊散歩 幕張編ラストとなります。

■船橋県民の森

・解説
白幡大神と並び称される、千葉を代表する心霊スポット。
森の奥にある神社には呪いに使われた達磨が祀られていると伝えられており、通称「達磨神社」とも呼ばれています。
曰く、その達磨を見ると呪われるとか。
また、林の中を歩く白い女性の霊や、特異なものではだれも担いでいない神輿が浮かんでいるというものも。


DSCF5761.jpg
ただいま弁天橋の最寄り駅、京成大和田駅。
もう夜が明けてしまいそうなので、いちかばちか、始発で船橋県民の森最寄りの北総線白井駅へ向かうことにします。
彼は誰時 (かはたれどき) と呼ばれる明け方も怪異が起こる時間帯とされていますし、なんとかそれまでには…。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 心霊散歩 ブログトップ