So-net無料ブログ作成

心霊散歩 浦賀編 1:燈明堂跡 [心霊散歩]

仙台・山形編の途中ですが、ちょっと休憩して心霊散歩いきます。
ほら、時期ですし。

■燈明堂跡

・解説
江戸時代初期に建てられた、今で言う灯台のような役割の櫓。
明治になって建てられた観音崎灯台にその役割を譲るまで、約220 年間にわたって浦賀の夜の海を照らし続けました。
しかし、その陰に隠れた歴史もあります。
燈明堂周辺は浦賀奉行所の刑場として使われており、今でもこの地は、密かに「首切場」と呼ばれているのです。


DSCF6385.jpg
あと600メートル。

DSCF6387.jpg
だいぶ寂しい感じになってきました。


DSCF6391.jpg
海沿いにフェンスが張られた道。
右手の茂みが時々ガサガサするのがやな感じ。


DSCF6393.jpg
多分到着。


DSCF6408.jpg
お地蔵様や碑が立ち並ぶ。
刑場跡っぽい。


DSCF6413.jpg
燈明堂跡。


DSCF6411.jpg
刑場として使われていたのは本当でした。


DSCF6415.jpg
ある石碑には、


DSCF6416.jpg
首なし狛犬が乗る。


DSCF6395.jpg
厳密には心霊散歩と関係ないですが、せっかくなので燈明堂跡の方にも行ってみます。
石碑群から海の方へ道が伸びているので、そこを進む。


DSCF6396.jpg
波の音と潮の匂いの中を進む。


DSCF6397.jpg
思ってたより遠く感じるのは真っ暗だからか。


DSCF6398.jpg
到着。


DSCF6399.jpg
フラッシュなしだとこんな感じ。


DSCF6405.jpg
櫓の周囲をぐるっと一周。


DSCF6402.jpg
海岸に出てみます。


DSCF6404.jpg
周囲に人気がない状態で暗い海岸に立つのはそれなりに怖い。


DSCF6406.jpg
では、次行きましょう。


・地図



・総評
最寄り駅 京急線浦賀駅から徒歩40 分
心霊現象 具体的な情報なし
怖さ
Max★5
★★★
周囲に民家がなく、加えて夜の海に面しているというだけで結構な雰囲気があります。
危険度
Max★5
★★
海に落ちることはまずないと思いますし、ここら辺は浅いのですが、万が一があったら、まず朝まで助けは来ないと思っていいです。
オススメ度
Max★5
★★
すぐ近くに同じく心霊スポットの長瀬トンネルがあります。
トンネル系と歴史系で趣が全く違いますが、ここまで来たら両方とも行って損はありません。
備考 三浦半島八景の一つ。





次回、長瀬トンネル。


・関連記事
心霊散歩 浦賀編 1:燈明堂跡 ←本記事
心霊散歩 浦賀編 2:長瀬トンネル
心霊散歩 浦賀編 3:観音崎
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0