So-net無料ブログ作成
検索選択

仙台・山形編:2日目_1 [旅行記]

2日目になりました。

前回は、夜の動物園と惜しい野宿スポット
…まで。

DSCF7308.jpg
いまだに短いベンチではどういう体勢が正解なのかわからない。
要は寝不足です。
仙台市街へのバスをチェック。


DSCF7309.jpg
近くに有名な不動尊があるとか。
市街へ向かう前に寄りましょう。


DSCF7310.jpg
こちらが三居沢不動尊入り口となります。


DSCF7311.jpg
不動尊の脇には水力発電所。
流れ落ちる水が轟音を立てています。


DSCF7312.jpg
赤い橋を渡って。


DSCF7313.jpg
境内。
密度が高い。


DSCF7314.jpg
お地蔵様の祠。


DSCF7315.jpg
賽銭箱がサイドの珍しい配置。


DSCF7316.jpg
何でも裏手に滝があるんだとか。


DSCF7319.jpg
おおー。


DSCF7321.jpg
予想以上に滝でした。


DSCF7325.jpg
滝の正面には祭壇。


DSCF7322.jpg
滝に据えられた不動明王。
長い長い時間により削れ摩耗し、緩やかに無へ向かう。


DSCF7327.jpg
場面転換。
天下一品中央通り店


DSCF7329.jpg
お不動さん参拝後、バスで駅前まで戻ってふらふらしてたらこってりラーメンで有名な天下一品を見つけて思わず入る。
入ったはいいものの、なんかこのお店自己主張強くない?と困惑中。


DSCF7330.jpg
1時間の幸福。


DSCF7331.jpg
天下一品はチェーンですが、基本を守れば後は各店ごとに割りと自由にやっていいらしく、その店オリジナルのメニューがあったりします。
そういうのを探すのが楽しいのですが、この店はどうもインディペンデンス度高め。


DSCF7332.jpg
まず食券だしよくわからないメニューはあるし。


DSCF7333.jpg
席に座ったらゆで卵が出てきました。
このミニどんぶり欲しい。


DSCF7334.jpg
天下一品の土鍋チーズ。
あのこってりスープが煮えたぎっている上にチーズが乗る。


DSCF7337.jpg
普通、天下一品の麺ってあまり自己主張のない中細麺なのですが、この店の麺はかなりコシがあります。
土鍋で煮込むがための特別な麺なのか、それともこの店の麺はこれがデフォなのか。


・余談
今は存在しませんが、かつて天下一品にはこってりスープを煮詰めた「超こってり」という裏メニューがありました。
チーズが入っているとはいえ、ぐつぐつに煮込んだ土鍋チーズは準・超こってりと言っていいのかもしれません
が、いかんせん超こってりを食べたことがないので判断ができない。


2日目その1、以上です。

次回、秋保の道々。



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: