So-net無料ブログ作成

福井編:3日目_6 [旅行記]

福井編3日目ラスト。

前回は、柵の向こうの神域と石仏
…まで。

DSCF4806.jpg
ここからしばし南下したところに、鯖街道、またの名を熊川宿という宿場町があるそうです。
道の駅もあるようなので、今夜の寝場所探しはどうやら安泰。


DSCF4808.jpg
日が暮れつつあります。
あと1時間もすれば真っ暗。


DSCF4809.jpg
おっ銭湯!
…と思って近寄ったら閉業してました。
くそう。


DSCF4811.jpg
淡々と歩く。


DSCF4812.jpg
なんとなーくここを逃すと、しばらく買い物できそうなところが無さそうなんですよね。


DSCF4814.jpg
寒いのでワンカップの地酒を3本ほど購入。
重いし割れない様気を遣いますが、今夜の安眠のためにはやむを得ません。


DSCF4815.jpg
日暮れる。


DSCF4817.jpg
あと2キロ。


DSCF4820.jpg
到着。


DSCF4821.jpg
思ったより開けた雰囲気。


DSCF4822.jpg
街道をゆく。


DSCF4826.jpg
鯖街道


DSCF4828.jpg
暗いので定かではありませんが、道脇の建物はなかなかの歴史的物件の様。


DSCF4829.jpg
鯖寿司の碑。


DSCF4830.jpg
明日、明るくなってから歩いてみます。


DSCF4837.jpg
やっと抜けたかと思ったら、観光地図によるとまだ半分だとか。
これほどの距離を景観に配慮しつつも、住宅地として機能しているんだからすごい。


DSCF4839.jpg
駄菓子屋がまだ開いていました。
酸っぱそうな梅干しが売っていたので、お酒のアテに購入。


DSCF4840.jpg
特にコメントなし。


DSCF4841.jpg
道の駅到着。


DSCF4845.jpg
残念ながら食堂は閉館時間でした。


DSCF4848.jpg
それでですね、ここは何がすごいって24時間開放の暖房が効いた休憩スペースがありましてですね、もうここで寝たら快眠間違いなしなんです。


DSCF4849.jpg
軽食の自販機もあるし、もう至れり尽くせり。


DSCF4850.jpg
じゃあそれは野宿じゃないよね。


DSCF4852.jpg
忘れがちですが、ここは11月末の北陸です。
では、本日のディナー紹介。


DSCF4855.jpg
もだえるくらい酸っぱい梅干し。
日本酒に合います。


DSCF4860.jpg
続いては福井ローカルの鯖味噌缶。


DSCF4862.jpg
即席サバサンドとしていただきます。
見た目と状況はひどいものですが、結構いけました。


DSCF4863.jpg
お腹もふくれたので、あとはチビチビと。


DSCF4865.jpg
ここら辺を撮ってる時の記憶があいまいですが、この翌日に頭がガンガンしたのは、梅干しの食べ過ぎによる塩分過剰摂取が原因かもしれません。


DSCF4866.jpg
・今夜の寝床
材質 木製
季節 初冬
人通り 道の駅なので、夜中でも車の出入りがたまにあります。
寝心地
Max★5
★★★★
さっきの丸いベンチからこっちに移ったのは、さすがに風が寒いから。
ベンチの長さは十分。
屋根もあるので、雨でも問題ありません。
ただ、お店の軒先なので、開店前に出発するくらいの配慮は必要です(その節はすいませんでした)。
危険度
Max★5
それなりに人目はありますが、そのぶん安全かと。
インフラ
Max★5
★★★★
道の駅なので、もちろんトイレ水道その他揃っています。
小腹がすいたら軽食の自販機も。
総合判定
Max★5
★★★
寝場所としては申し分なし。
早起きを心がけましょう。
備考 正式名称は道の駅「若狭熊川宿(わかさくまがわじゅく)」。





福井編3日目は以上となります。

次回、朝の鯖街道。

関連記事:
福井編:1日目_1
福井編:1日目_2
福井編:1日目_3
福井編:1日目_4
福井編:1日目_5
福井編:1日目_6
福井編:1日目_7 / 心霊散歩 東尋坊編
福井編:2日目_1
福井編:2日目_2
福井編:2日目_3
福井編:2日目_4
福井編:2日目_5
福井編:2日目_6
福井編:3日目_1
福井編:3日目_2
福井編:3日目_3
福井編:3日目_4
福井編:3日目_5
福井編:3日目_6 ←Now
福井編:4日目_1
福井編:4日目_2
福井編:4日目_3
福井編:4日目_4

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0