So-net無料ブログ作成

伊勢志摩編:1日目_3 [旅行記]

伊勢志摩編続き。

前回は、旧鳥羽小学校を密着撮影
…まで。


DSCF0197.jpg
鳥羽水族館に入ったところ、こんな表示が。
お言葉に甘えて、目についたところに進むことにします。


DSCF0198.jpg
大水槽。


DSCF0199.jpg
南の海ゾーンですが、いかんせん地味っちゃ地味。


DSCF0201.jpg
まず長い廊下があり、そこから一定の間隔で横に各展示ゾーンが伸びている構造。
かえって迷いますね。


DSCF0202.jpg
む、このミニコーナーは…


DSCF0206.jpg
ザリガニですね。


DSCF0214.jpg
世界最大級のザリガニの剥製。
猫程度なら捕食しかねないサイズ。


DSCF0215.jpg
キャッチャー・イン・ザ・ライス。


DSCF0220.jpg
カラフルな展示。


DSCF0216.jpg
白いザリガニ。
アルビノの場合、メラニン色素が無いのが原因なので、目が黒いこの人は違うと思うのですが…どうなんでしょう。


DSCF0219.jpg
こちらはオレンジ。


DSCF0222.jpg
ピンク…と言い張ればピンクかな…。


DSCF0223.jpg
古代魚ゾーンへ。
スポッテッドガー。
最近日本でも放流した個体が見つかることがあるとか。


DSCF0228.jpg
動きが活発なため、まともに撮影できなかったポリプテルス。
魚類と両生類の中間とも言える存在だそうで。


DSCF0231.jpg
アリゲーターガー。
硬い鱗と鋭い歯に一メートルを超す巨体と、名前の通りワニの様な迫力を持つ古代魚。



DSCF0238.jpg
いつもながらショッキングなカブトガニの裏側。


DSCF0241.jpg
カブトガニのご先祖様方。


DSCF0242.jpg
オウムガイの赤ちゃんですね。
可愛いかとかの話は置いておきまして。


DSCF0245.jpg
七メートル弱のホオジロザメの模型。
人類にはどうしようもないサイズ。


DSCF0249.jpg
サメ水槽の床にはなぜかアンモナイト群。


DSCF0254.jpg
そしてサメ水槽。


DSCF0259.jpg
人相悪し。


DSCF0262.jpg
チョウザメ水槽。
キャビアの原材料(卵が)・名前はサメだけどサメじゃない・古代魚と、キャラが立っているのでそれなりに有名な魚。


DSCF0264.jpg
ベステル。
チョウザメの世界も品種改良が進んでいた様です。


DSCF0269.jpg
どいつだ…。


DSCF0270.jpg
では次のブースへ。


DSCF0273.jpg
南国な感じ。
美ら海を思い出します。


DSCF0279.jpg
横顔が渋いイカ。


DSCF0286.jpg
三白眼。


DSCF0287.jpg
(なんかに似てる…あぁ…アレだ)


DSCF0289.jpg
紅色の体色が綺麗な…なんだろうこれ。


DSCF0291.jpg
ナマコの一種みたいです。


DSCF0295.jpg
幼サンゴ。


DSCF0296.jpg
海底基地風。


DSCF0298.jpg
やる気なし。


以上です。


次回、哺乳類と魚類と甲殻類と両生類。


関連記事:
伊勢志摩編:1日目_1
伊勢志摩編:1日目_2
伊勢志摩編:1日目_3 ←Now
伊勢志摩編:1日目_4
伊勢志摩編:1日目_5
伊勢志摩編:1日目_6
伊勢志摩編:1日目_7
伊勢志摩編:2日目_1
伊勢志摩編:2日目_2
伊勢志摩編:2日目_3
伊勢志摩編:3日目_1
伊勢志摩編:3日目_2
伊勢志摩編:3日目_3
伊勢志摩編:3日目_4
伊勢志摩編:3日目_5
伊勢志摩編:3日目_6
伊勢志摩編:4日目_1
伊勢志摩編:4日目_2
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0